紀州ドンファンの元妻・パイパン巨乳動画 須藤早貴『ゆりか』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

『ゆりか』

ムチムチポチャポチャ大好きな抱き心地のいい女達管理人タカヒロです、毎度お世話になってます。今回は今話題の元AV女優の

紀州ドンファンの元妻・須藤早貴

気になりますよね~気になって管理人もこのエロ動画見ちゃいました。

奇麗な顔立ちにFカップの巨乳が赤い下着の上から覗いてます、白い張りのある太ももの裾野には無毛の花の蕾が!美しい花の蕾をこじ開け奥深くへと侵入者を導く須藤早貴

はち切れんばかりの勢いの肉棒が、須藤早貴の口の中奥深く凌辱していく。

白く美しい体をくねらせメスの本能剥き出しで快感に耽り、パイパン奥深くに刺さる肉棒の感触に喘ぐ須藤早貴、ゆっくりと丹念に突き上げ徐々に激しく突き上げると乱れ喘ぎ狂う、その動きに呼応するように揺れ動くFカップの巨乳の律動、やがて男は逝き果て須藤早貴の美しい顔に白い露を大量にまき散らすのでした。

下のタイトル、FANZAより引用の部分はFANZAの作品紹介ぺージにリンクしています。

ゆりか 須藤早貴 無料動画サンプル

動画の続きはこちら

キリッとした長身ナイスバディなデザイナーアシスタント。Fカップ巨乳を強調した服装で来てくれた彼女、仕事忙しく最近御無沙汰なんだとか。どうしてもソコにいかざるを得ない存在感たっぷりの乳を丹念に愛撫し、ほぼパイパンのアソコをじっくりと観察しながら責めるとバイブオナニーで絶頂。ちょいMっ気があるというので目隠し拘束し電マで責めるとまたもや絶頂。パイズリ、フェラ、脚コキに暴発寸前に。ゆっくりと挿入するとうっとりとした表情で受け入れ、激しく突くと乱れ喘ぐ彼女に最後は大量顔射!

FANZAより引用
ゆりか

500円~

紀州のドン・ファン死亡事件  ウィキペディア

紀州のドン・ファン死亡事件(きしゅうのドン・ファンしぼうじけん)は、2018年平成30年)5月24日に発生した殺人事件の通称である。

ウィキペディアより引用

被害者[編集]

被害者のAは1941年和歌山県田辺市に7人兄弟の3男として生まれた。Aは地元の中学を卒業後働き始め、酒造メーカー訪問販売員や金融業などを手掛けた。その後、コンドームを訪問販売する仕事で成功し、それを元手に投資や金貸しを行うことで数十億の財産を築くに至り、「紀州のドン・ファン」と呼ばれていた[1]

女好きでも知られており、美女4000人に30億円を貢いできたと自称している[2]。2016年2月に27歳の自称モデルの女性に現金600万円と5400万円相当の宝石類など、合計6000万円を盗まれたことで有名になり、「6000万円なんて自分にとっては紙くず。窃盗事件もいい経験だ」などと発言して話題となった[3]

2018年2月8日に55歳年下の21歳の女Bと結婚していた[2]

ウィキペディアより引用

事件[編集]

Aは結婚からわずか3か月後に自宅二階の寝室で倒れているのが発見され、その場で死亡した。解剖の結果、致死量を超える覚醒剤が検出され、死因が急性覚醒剤中毒であったことが判明した[4]。当時自宅にはBと家政婦Cしかおらず、防犯カメラにも何も映っていなかった。当日の夕食はCが用意した鍋料理であったが、夕食時にCは帰宅しており、AとBだけであった。

事件の直前には飼い犬が死んでおり、その葬儀を予約するなど自殺するには不自然な状況であった[4]

ウィキペディアより引用

捜査[編集]

Aの腕などに注射跡はなく、また覚醒剤成分が長く残留する毛髪検査でも覚醒剤成分が検出されなかったため、覚醒剤を経口摂取させられたと推測されている[4]

Aの所有する酒類販売会社にあった2000本以上のビールの空き瓶や飼い犬の死体からも覚醒剤成分は検出されなかった[5]

2021年4月28日、覚醒剤を使用してAを殺害した殺人容疑覚醒剤取締法違反容疑でBが逮捕された[5]。Bは事件前に覚醒剤について調べた形跡[6]があり、また覚醒剤の密売人と接触した可能性が指摘されている[5]

ウィキペディアより引用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加