【由愛可奈】の早漏おま○こ舐めまくり 終わらない追撃クンニ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

ムチムチポチャポチャ大好きな抱き心地のいい女達管理人タカヒロです、毎度お世話になってます。元グラビアアイドルで18歳でAVデビューし、恵比寿★マスカッツでも有名な由愛可奈『ゆめかな』ちゃん!!

AVデビューは2011年18歳になった誕生日の日に決意を決めた由愛可奈ちゃん、デビュー作でも高速手コキ・フェラチオ等、セックス慣れしていたのが伺える、可愛くてエロいと評判!

下半身のムチムチ感美しい、これからもっと色気が増していくことだろう

もうベテランの域に入っている由愛可奈ちゃん、18歳の頃には無かった艶めかしさがドンドン増幅してきている、抱き心地のいい女…

透明なちゃんとした潮吹き!女優さんによっては潮でなく尿の場合もある

10代の頃にはない艶!これからも楽しみな由愛可奈ちゃんのエロ動画を皆さん楽しんでください。

早漏おま○こ舐めまくり イッても漏らしても終わらない追撃クンニ初体験 由愛可奈

早漏おま○こ舐めまくり イッても漏らしても終わらない追撃クンニ初体験 由愛可奈 無料サンプル動画

本編動画はコチラ

対応デバイス:パソコン、iPhone/iPad、Android、Chromecast、Amazon Fire TV端末、Apple TV、テレビ、PS5™/PS4®Pro/PS4®
配信開始日:2019/12/07
商品発売日:2019/12/13
収録時間:148分
出演者:由愛可奈
監督:ドラゴン西川
シリーズ:—-
メーカー:ムーディーズ
レーベル:MOODYZ DIVA
ジャンル:クンニ  潮吹き  局部アップ  淫乱・ハード系  乱交  単体作品  独占配信  ハイビジョン  デジモ

由愛可奈(ゆめかな)プロフィール

2011年7月にAVデビューした。2012年スカパー!アダルト放送大賞新人女優賞を受賞。第二世代・恵比寿マスカッツメンバー。

生年月日1993年02月12日
血液型A型
出身地静岡県
スリーサイズB86 W59 H86
身長163cm
趣味コスプレ
特技和太鼓

由愛可奈 来歴

スカウトされ、17歳で高校を中退し、グラビアアイドル・お菓子系アイドルとして活動を始める。「現役女子高生」「今どきの女子高生ブロドル」などのキャッチコピーが付いていた。この時点で「AVに出られる」と意気込んだとAVデビュー後に語っている[1]

グラビアアイドル時代は、舞台『漂流劇』などに出演し、イベントでも券が完売するほどの高い人気であった中、日本でAVに出演できる最低年齢である18歳になった2011年、雑誌「フライデー」2011年6月17日号でヌードを公開し、7月16日発売のDVD及びBD『新人 由愛可奈 〜正真正銘18歳。元現役女子校生グラビアアイドル、夢のAVデビュー!〜』でマキシングからAVデビューする。この作品は大手通販サイトで売り上げ1位(BD)を記録する[2]

AVデビューについては、「元々興味があった」「夢を叶えたい」「18歳の誕生日(2011年2月12日)に決意した」[1][3]などと話している。

「男女接吻映像の広場」恒例のグランプリ投票において、18歳の新人としては異例の「2011年接吻クイーン」の栄冠に輝いている(2012年1月4日)。

アダルトビデオ30周年記念企画(AV30)として2012年1月5日から2月29日まで行われた人気投票で、20位に選ばれた[4]。同年9月29日公開の映画『百日のセツナ 禁断の恋』で、映画初主演を果たす[5]

2015年9月24日、恵比寿★マスカッツのメンバーに選ばれる[6]

2018年9月14日9月22日、原宿・BLOCK HOUSEにてグラフィックアーティスト・KAZZROCK氏とコラボレーション絵画展を開催。KAZZROCK氏の作品と共に、由愛可奈自身が描いた作品から厳選した30数点を展示し、日によっては由愛可奈自らがギャラリーに立った。展示されている作品は購入可能で、FANZAニュースは売約済になっている作品も多数あると報じた[7]

2019年7月16日発売のDVD『ヤラセなし超リアルドキュメント 最後に本当のセックスしませんか?』で、マキシング専属が終了すると発表される。

2019年8月1日、公式ブログにて「MOODYZ」専属になることを発表した。

2020年9月7日、公式ブログにて「アタッカーズ」へ移籍することを発表した。

2020年12月に発表された「FLASH 2020年現役最強セクシー女優BEST100」読者投票・第38位[8]

2021年3月25日、公式ブログにて「マドンナ」へ移籍したことを発表した。

ウイキペディアより引用

由愛可奈 人物

実家は最寄駅から「車で1時間もかかるような山の中」にあると言う。中学時代はソフトボール部に所属していた。

2015年の秋からペットのマルチーズを飼っており、名前は「ティティ」。

ウイキペディアより引用

趣味・嗜好・身体 

趣味は、漫画を描くこと、コスプレ和太鼓としている。好きなアニメ・漫画には『電影少女』など自身が生まれる前に完結した作品もある[9]

身体が柔軟である。小学校5年生当時は「よく年上に見られてた」[10]

ウイキペディアより引用

性経験

初めてのオナニーは小学校6年生の時で、初体験は16歳の時に同じ高校の17歳の恋人と。初めてオーガズムを感じたのは3、4回目、16歳の時。これ以降「コツがわかって毎回イケるように」なったという。中学の時から性描写のある漫画や兄の所有するアダルトビデオを鑑賞したり性的な興味が強く、中学卒業時点でAV女優になることを志望していた[3]

AVデビュー作では、挿入時に自ら腰をくねらせたり深く感じているような妖艶な表情をすることや高速手コキフェラチオなど、真正18歳かつデビュー作ながら性行為慣れしている仕草や性行為好きであることが伺え、プロの女優にありがちな作られた演技とも異なる飾らない言行動を見せることから、「カワイイのにエロい」とのキャプションが付いた。

こうした性行為慣れした様子は、フェラチオで射精させたことがある、恋人から体位を教わった、「10回じゃ全然足りないぐらい」オーガズムを感じたことがある、電マで寸止めを繰り返された経験など、インタビューで語っている私生活での性経験の豊富さ、元々AV志望であったこととの整合性が見られる[1]

一方で、AVデビュー前の経験人数は「1人」であると語っているが、作品中ではまったく信じてもらえない[11]

私生活で印象が深い性行為は、公園駐車場での日中の青姦で、自らのスカートをまくって男性に跨る体位(対面座位騎乗位)であると語っている。作品レビュー記事で「感じてるときの顔がすごい」と書かれて以来、自分自身の出演作品は見返さないと決めている[12]。その理由を、もしそこが評価されていたとしても映像を見ると意識して消えてしまうからだと述べている[12]

ウイキペディアより引用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加