【憂木瞳】1990年代のカリスマ女優!令和に伝えたいAV動画まとめ!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

昭和生まれの男達が愛した女優【憂木瞳】のAV動画まとめ!!

『抱き心地のいい女達』管理人タカヒロです。今回は1990年代前半男達を魅了したカリスマ女優【憂木瞳】の動画まとめです。

管理人にとっても思い出深い女優で、憧れのお姉さん的な存在です。今現在、彼女も40代後半になりどうしてるのかな~と思いを募らせています。

【憂木瞳】略歴

学生時代の憂木瞳

1973年生まれ東京都出身 【憂木瞳】は学生時代はサッカー部のマネージャーをしていました。在籍中にレギュラー11名の部員中7名と関係があったと言います。まるで『アナタハンの女王事件』の状態です。一人の女性を巡って男達が争う姿が想像できます。

【憂木瞳】デビュー

【憂木瞳】は高校を卒業後には美容専門学校に通っていました。

その時代に新宿でスカウトの目に留まり、1992年12月ビップエンタープライズのレーベルVIPから【憂木瞳】『危ない寄り道帰り道』でAV女優デビューします。

デビュー作『危ない寄り道帰り道』【憂木瞳】

当時19歳の【憂木瞳】ちゃんの初々しい姿がここにはあります。学生時代のサッカー部員達も驚いたことだと思います。

【憂木瞳】デビュー後の活躍

【憂木瞳】はデビュー翌年「中山アンナ」名義でのAV作品 「中山アンナ」名義でのグラビア出演とAV女優としての道を歩んでいきます。

しかし専属女優契約ではない、企画単体女優!言い換えれば大部屋女優の【憂木瞳】はその逆境で持ち前のハードなプレイに童顔のギャップ!

白い肌に男好きのするボディーを武器に快進撃を続け人気が急上昇します。流石はサッカー部を支配していた魔性の女!

【憂木瞳】『ギルガメッシュないと』出演

【憂木瞳】が超有名になったテレビ番組『ギルガメッシュないと』

この番組のコーナーで、裸エプロンで登場する【憂木瞳】ちゃんに視聴者は熱狂しました。無論若かりし頃の管理人もその一員です(笑)

管理人『ギルガメッシュないと』思い出

深夜番組でしたので、早く始まらないかぁ~と若い時代の管理人!一日千秋の思いで過ごしていました。

しかも結婚が早くて奥さんがいましたので、奥さんの寝息を気にしながら 

テレビの音量を小さくし

リモコンを手に握りしめ、何かあったらゲームの画面にすぐに切り替えれるように頑張って視聴していました。

ある時に寝たふりをしている奥さんに気づかず番組を見ていて、『こらぁ~!』といきなり脅されて心臓が飛び出る思いでした(笑)

時代背景

当時は今の様にスマホも無く、結婚しているとアダルトな物を見るのも容易ではありませんでした。エロ本がまだまだ売れていた時代です、隠れてエロ本を見るか、個室ビデオに行くかしかAVを見ることが出来なかった時代です。

11PM』というお色気番組が1990年まであったのですが無くなり翌年この『ギルガメッシュないと』がスタートします。

その時代の男達は、この番組が見たくて見たくてどうしようもない衝動に駆られておりました。

そんな時代に【憂木瞳】が現れ『ギルガメッシュないと』で一躍同番組の看板娘となり、トップAV女優として活躍します。

【憂木瞳】引退と復活

1994年に同月6月17日に事務所側が急遽引退を発表!精神的な負担や、結婚が大きな理由の様です。

しかしその後男性と離婚し1995年に『ギルガメッシュないと』に登場!ストリップの舞台でもその後再活動!

2000年代も休業を挟みつつスローペースでAVリリース、舞台活動を行っていました。

愛媛県のストリップ劇場へ出演

管理人が住む愛媛県に四国唯一のストリップ劇場『ニュー道後ミュージック』が日本最古の温泉の『道後温泉』の近くにあります。

日本書紀や源氏物語にも登場する温泉で、千と千尋の神隠しのモチーフになったといわれる素晴らしい建物です。

何とここのストリップ劇場に【憂木瞳】が出演すると偶々お店の前の広告が目に留まり、居てもたってもいられなくなった自分の若いころを懐かしく思い出します。

カリスマ女優【憂木瞳】AV動画 ピックアップ

殿堂入り #05 憂木瞳ベスト 4時間

商品紹介

h.m.pが送る殿堂入りシリーズ。第5弾は、1990年代前半大人気となった、ロリ顔がキュートな憂木瞳!あどけない表情が可愛い美少女なのに、舐めてハメての大活躍!SEX×15、フェラ×1、3P×3、オナニー×1 色褪せない美少女の痴態を再び!

MGS動画より引用

憂木瞳 8時間 人気10作品そのまま収録

商品紹介

大好評「素材そのままシリーズ」最新作!完全保存盤 、超大容量8時間8作品2枚組で、当社に素材があるぶんだけ余す所無く収録しました! これが最終型!テレビ番組でも大人気だった元祖タレント系美白ナイスボディアイドルの全てを集約!裸にエプロンのあの美裸身が蘇ります!

MGS動画より引用

出血大制服17 【憂木瞳】

作品紹介

早熟生娘が挑む”元祖”コスプレ・ワールド!ムチムチまとわりつく制服。ドクドク襲いかかる危機六発。瞳のハ○ッたズボズボの世界。

DUGAより引用

女体解剖 憂木瞳を暴く 濡れすぎたアイドル 【憂木瞳】

伝説の深夜番組「ギルガメッシュナイト」で活躍していた憂木瞳を徹底解剖!可愛いベビーフェイスの瞳ちゃんだが、オマタのあたりは熟れ熟れで、チェックが始まるとすぐ大量のおツユが溢れ出した!本気のイキッぷり、感じ具合はファン必見のヌキどころ!

FANZA動画より引用

憂木 瞳 プロフィール

別名中山 アンナ
工藤 あずさ
憂木 ひとみ
石黒 樹里
生年月日1973年8月31日
身長 / 体重163 cm / 42 kg
BMI15.8(低体重)
スリーサイズ83 – 58 – 83 cm

憂木 瞳 ウィキペディア

憂木 瞳(ゆうき ひとみ、1973年8月31日 – )は、日本のAV女優。1990年代前半を代表するAV女優の1人で、芸名にいくつかの変名歴がある。憂木瞳名義でのデビュー時は、1973年10月30日生まれ、T162/B83/W58/H88、A型。[2]中山アンナ名義では、1973年4月14日生まれ、T162/B83/W56/H85、O型。[3]MOODYZ時代は1973年8月30日生まれ、T160/B88/W58/H86、AB型。[4] 以上のような複数のプロフィールがある。

ウィキペディアより引用

憂木 瞳 略歴

父方の祖母がドイツ人である[5]

東京都出身。学生時代はサッカー部のマネージャーをしており、サッカー部レギュラー11人中7人と関係があったという[6]

美容専門学校に通っていた時に新宿でスカウトされ、[5]1992年12月、「憂木瞳」名義の『危ない寄り道帰り道』(VIP)でデビュー。

翌1993年1月には「中山アンナ」名義の『おねだり女子校生 うしろから課外授業』(ミス・クリスティーヌ)が発売され、1993年前半までは「憂木瞳」と「中山アンナ」の両名義で活動した。

デビュー時は芸名に通じる工藤夕貴似であることが指摘されることも多く、[5][7]工藤あずさ」名義でのグラビア出演もあった。[8]

あどけないベビーフェイス[9] に加え、色白でスタイルの良いボディ[5]、ハードな本番路線のカラミ[10]により、AVメーカーとの専属契約がなかったにもかかわらず人気が上昇、トップAVアイドルの一人に数えられるようになった。[11]

1993年半ばより出演した『ギルガメッシュないと』(テレビ東京)では、『夜食バンザイ』というコーナーで披露した「裸エプロン」姿が大きな反響を呼び、[9]細川ふみえ、飯島愛に続く番組の看板アイドルになった。[12]

『ギルガメッシュないと』の番組企画の一環として、1993年12月にはイジリー岡田とデュエットしたシングル、『マンゴ・ナタデ・ココ』(ポニーキャニオン)をリリース。また1994年3月にはやはり同番組の関連イベントでストリップ劇場・浅草ロック座に特別出演し、定員300人のところに1000人の客が押し寄せるという人気ぶりを見せた。[9]

しかし同年4月、番組の収録中に急病で病院にかつぎ込まれたのに続き、6月には収録現場に現れないというトラブルが発生し、[9]同月6月17日に事務所側が急遽引退を発表した。

引退について、当時は病気による体力的な問題と、交際相手の反対が理由と報じられたが、[9]後年のインタビューでは、テレビ出演によるプレッシャーを抱えていたことと、諸般の事情で結婚の必要が生じていたことを理由に挙げている[11]。交際相手とは結婚したものの、2年後に離婚。[11]その間、1995年5月には『ギルガメッシュないと』に復活。同年6月には浅草ロック座でストリップに再デビューし、2000年代以降も一時的な休業期間をはさみつつ、舞台活動を続けている。

2002年2月には「憂木ひとみ」と芸名を改め、『新生』(セクシア)でAVに復帰。同年10月には『憂木ひとみの個人教授 ボクの素敵なえりかちゃん』(ソフト・オン・デマンド)でインディーズデビューした。

AVでの活動は1年ほどでいったん終了したが、その後2004年9月には芸名を「憂木瞳」に戻し、『僕らのアイドル憂木瞳がパイパンアナルで復活』(ワンズファクトリー)で再々デビュー。ややスローペースながら新作のリリースが続いている。

2012年、芸名を「石黒樹里」に変えて復帰した[13]

ウィキペディアより引用